学生

通信制高校で卒業を目指す|音楽などの趣味を優先できる魅力

最難関学部に合格する

勉強

最難関学部に合格する

医学部に合格するためには、基本的に高い学力を必要とします。医学部は大学の中での最難関学部であるケースがほとんどです。なぜそこまで難関なのかと言えば、人の命を扱う仕事だからです。そうして、医師の収入と社会的地位が高く、一生の仕事としてのやりがいも大きいからです。それに加えて、医学部は定員が100人程度と極端に少ないことも難関さに拍車をかけています。定員が少ないということは、ただでさえ優秀な生徒が集まる医学部入試において、最も優秀な上位100人のみが選ばれるということです。私立大学であれば併願も可能なので一概には言えませんが、国立大学ではそうもいきません。医学部を突破するためには、非常に高い学力が必要なのです。

そうすれば合格するか

医学部に合格するためには、医学部予備校に通うのが王道です。進学校に通いながら、好成績を維持している人などは例外です。成績が低迷しているにもかかわらず、医師になりたい人は、予備校に通うのが近道です。予備校選びを間違えなければ、最短ルートを選ぶことが可能となります。苦手分野に絞ったカリキュラム作成を行っている予備校を選ぶと良いでしょう。また自分の特性を知りながら、見合った予備校を選ぶことも大切です。誘惑に弱い人が、渋谷などの地域に通うことは避けるべきですし、異性が多ければ誘惑になることもあるのです。そのようなことを踏まえた上で、総合的に最も良いものを選ぶことで、医学部への最短ルートを選ぶことが可能となります。